法人設立について of 新規開業相談センター

新規法人設立

法人設立のメリットについて

1.資本金が1000万円未満の会社の場合消費税が設立後2期まで免除

2.法人成りによって、代表の給料(役員報酬)が損金になる。

3.繰越欠損金は7年間控除することができ、節税になる。

4.個人経営よりも法人の方が、社会的信頼が得やすく、事業の発展に繋がったり、銀行借り入れがスムーズにできる。

5.財産を法人と個人に明確に区分ができ、経営の合理化が図れる。

6.決算期が自由に選べる。

7.生命保険のうち一定の額が損金になる。

法人設立の手順

STEP1:会社設立の基本的な打合せ

司法書士が直接対応いたします。
会社設立の基本となる、商号、目的、本店の所在地、資本金額、役員といった、基本項目についての打合せをさせていただきます。あらかじめ当事務所からお渡ししたシートにご記入ください。


STEP2:印鑑・ゴム印の作成

商号が決まりましたら、会社実印をお作りいただきます。通常は、会社実印と銀行印、角印、ゴム印をお作りいただきます。


STEP3:定款の認証作業

公証人役場で定款認証

会社の定款作成作業は、司法書士事務所でさせていただきます。発起人の方々は、印鑑証明書と定款に署名押印いただきます。
なお、定款認証は、電子認証で行います。


STEP4:出資金の払い込み

STEP1であらかじめ決めていた金融機関の口座に、出資金の払い込みを行います。
払い込みをしていただきましたら、その記載のあるページ、通帳の表紙、裏面のコピーをいただきます。

STEP5:書類の作成

登記に必要な書類を司法書士が作成いたします。
その書類に個人実印、会社実印を押印いただきます。
その際に、印鑑証明書の提出をお願いします。

STEP:6法務局への提出

法務局への登記申請を司法書士が行います。通常1週間ぐらいで完了し、めでたく新規法人の設立が完了します。